m3.com トップ > 臨床ニュース > 冠動脈疾患合併高血圧に共同声明【米国心臓協会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

冠動脈疾患合併高血圧に共同声明【米国心臓協会】 血圧目標値、薬剤選択に関し3学会が発表

米国心臓協会(AHA)は3月31日、冠動脈疾患(CAD)を合併した高血圧患者に対する降圧治療について、米国心臓病学会、米国高血圧学会と共同で声明を発表した。Hypertension誌に掲載。声明は、血圧管理においてどこまで降圧するか臨床医の間に混乱が見られることを受けて出されたもの。声明では、脳心血管疾患の予防のためにCADの既往患者における降圧目標を140/90mmHg未満推奨したが、脳卒中や一過性虚血発作(TIA)、心疾患、末梢動脈疾患、大動脈瘤などの既往がある患者に対しては、降圧目標は13...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞