m3.com トップ > 臨床ニュース > 「攻める麻酔」で痛み減らす【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「攻める麻酔」で痛み減らす【実名臨床道場】 テーマ1◇術後痛と遷延痛

手術を安全に進行させるには、術者の技量はもちろんだが、適切な麻酔や全身管理が欠かせない。メスで病巣を切除したとしても、痛みが遷延すれば患者の満足度は低下する。愛知医科大学麻酔科教授の藤原祥裕氏は、手術による痛みを早期に除く「攻める麻酔」の重要性を説く。(聞き手・まとめ:森圭吾、m3.com編集部)5月20日よりm3.comJ-Doctors「実名臨床道場/麻酔編」がスタートします。藤原氏へのご質問やご意見はこちらから⇒実名臨床道場へ藤原祥裕(ふじわら・よしひろ)氏1987年名古屋大学医学部卒後、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞