m3.com トップ > 臨床ニュース > 先天性心疾患成人の対応に学会勧告【米国心臓協会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

先天性心疾患成人の対応に学会勧告【米国心臓協会】 性行為からED治療、ホルモン補充療法まで網羅

米国心臓協会(AHA)は4月20日、40歳以上の先天性心疾患患者の治療に関する声明を発表した。中年以降の先天性心疾患患者の治療について初めて言及したもので、Circulation誌に掲載。先天性心疾患の救命率が高まるにつれて、現在では小児よりも成人患者数の方が多くなっている。こうした患者は疾患が既に完治して追跡の必要がないと感じていることが多いが、原疾患や修復術の合併症が成人後に現れる可能性があるため、専門家は終生にわたるケアと加齢により起こる変化に関する情報収集の必要性を指摘している。こうした...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞