m3.com トップ > 臨床ニュース > 精神保健指定医資格不正で学会声明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

精神保健指定医資格不正で学会声明 日本精神神経学会の認定制度との違い強調

2015年5月14日 日本精神神経学会  カテゴリ: 精神科疾患その他

日本精神神経学会は5月11日、聖マリアンナ医科大学病院の複数医師が精神保健指定医の資格を不正に取得していたとされる問題で、声明を発表した。同資格が、学会による精神科専門医・指導医の認定制度と異なることを強調しつつ、「精神科医の存立基盤を傷つける重大な違法行為」と断じ、学会でも調査を行う予定であることを明らかにした。この問題を巡っては、厚生労働省が不正取得に関わったとされる医師20人の精神保健指定医資格を取り消した。日本精神神経学会は遺憾の意を示すとともに、学会の精神科専門医制度は3年に及ぶプログ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞