m3.com トップ > 臨床ニュース > 新生児聴覚スクリーニングで要望

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新生児聴覚スクリーニングで要望 日本産婦人科医会など9団体、公的支援の拡充求め

日本産婦人科医会など9団体はこのほど、新生児聴覚スクリーニング検査に対する公的支援の拡充を求める要望書を、厚生労働省に提出した。同医会によると、全国の分娩取り扱い施設の約9割が同検査を実施しているが、公的支援を受けて実施できているのは8%に過ぎないという。関係団体は「全国一律に公的支援が受けられるよう各自治体を指導してほしい」と要望している。要望書によると、先天性難聴児は1000人に1人の割合で認められ、産婦人科診療ガイドライン2014産科編で新生児聴覚スクリーニング検査の実施を推奨したり、20...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞