m3.com トップ > 臨床ニュース > 生体肝移植で緊急注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

生体肝移植で緊急注意喚起 日本移植学会など2団体、実施体制と施設設備の基準を明示

2015年5月26日 日本移植学会  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

日本移植学会と日本肝移植研究会は5月22日、生体肝移植を実施する医療機関に向けて緊急注意喚起を発した。日本の一部施設で行われた肝胆膵領域の高難度外科手術症例の生存率が低いと報道される中、同学会などはその症例に生体肝移植も含まれているとして「極めて憂慮される事態」との見解を示した。その上で、生体肝移植を必要とする患者や患者家族の不安を和らげることを目的に、関係施設に倫理指針の順守を求めるとともに、実施体制や施設設備の基準を明示している。日本肝移植研究会によると、2013年末までに行われた生体肝移植...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞