m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児転落で抱っこひもに注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児転落で抱っこひもに注意喚起 国民生活センター、4カ月児以下は入院要する重症も

2015年6月1日 国民生活センター  カテゴリ: 小児科疾患救急その他

国民生活センターは5月26日、抱っこひもから小児が転落する事例が相次いで報告されているとして注意喚起を発した。親が洗濯物を取り込んだり、抱っこひもの留め金を付け替えたりする際に身をかがめた拍子に小児がずり落ち、頭部を強打するケースが多いという。4カ月児以下の場合は骨折などの重傷事故が目立つため、同センターは抱っこひもをしたまま身をかがめる時は子供を必ず手で支えるよう呼び掛けている。報告事例では、親が抱っこひもで6カ月の女児を前に抱えたまま洗濯物を取り込もうと身をかがめたところ、子供が抱っこひもの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞