m3.com トップ > 臨床ニュース > DMの失明防止3助言を学会提示【米国眼科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

DMの失明防止3助言を学会提示【米国眼科学会】 米国眼科学会が推奨するアドバイスを紹介

米国眼科学会(AAO)は5月19日、糖尿病による失明を防ぐためのアドバイスを紹介した。糖尿病では、眼底の末梢血管が冒されることにより糖尿病性の眼疾患(糖尿病性網膜症、緑内障、白内障)を来す。これらは失明のリスクが高い疾病だが、血糖値のコントロールと定期的な眼科検診により、失明を予防することが可能だ。AAOが推奨する主なアドバイスは以下の通り。【糖尿病による失明を防ぐためのアドバイス】糖尿病性網膜症による失明は、早期発見により進行をコントロールし、予防することができるので、早期発見が重要糖尿病と診...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞