m3.com トップ > 臨床ニュース > 水銀血圧計の使用問題で学会見解

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

水銀血圧計の使用問題で学会見解 日本高血圧学会、JSH2014の改訂も示唆

日本高血圧学会はこのほど、2020年以降に水銀の輸出入などが原則禁止されることを受け、現時点での見解を示した。医療現場で現在使われている水銀血圧計に関しては、「直ちに廃棄や交換を行う必要はない」と呼び掛ける一方、代替可能品として上腕式電子血圧計を推奨している。また、水銀血圧計による聴診法を推奨する高血圧治療ガイドライン(JSH2014)の記載内容についても、改訂を検討する考えを示唆した。水銀の使用を巡っては、2013年に「水銀に関する水俣条約」が採択され、日本を含む世界各国で同条約の発効に向けた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞