m3.com トップ > 臨床ニュース > バセドウ病発症予測のマーカー同定

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

バセドウ病発症予測のマーカー同定 理研-東京医科歯科大の研究グループ、HLA遺伝子配列で

理化学研究所と東京医科歯科大学の共同研究グループはこのほど、日本人のバセドウ病発症にかかわるヒト白血球型抗原(HLA)遺伝子配列の同定に成功したと発表した。同遺伝子配列をコンピューター上で高精度に解析するHLAimputation法を、日本人集団に適用するためのデータベースを開発したことで実現。同グループは、今回の成果がバセドウ病の発症を予測する疾患バイオマーカーとしての活用につながると期待を寄せている。HLA遺伝子は、移植や免疫反応にかかわる遺伝子として知られているが、配列構造が複雑で解析にコ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞