m3.com トップ > 臨床ニュース > 非静脈瘤上部消化管出血の内視鏡診療指針公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

非静脈瘤上部消化管出血の内視鏡診療指針公表 日本消化器内視鏡学会がパブリックコメント募集

日本消化器内視鏡学会は「非静脈瘤性上部消化管出血における内視鏡診療ガイドライン」の草案を公表し、パブリックコメントを募集している。上部消化管出血の評価と初期治療に加え、上部消化管を消化性潰瘍とそれ以外に分け、それぞれに内視鏡的止血法の選択方法や同止血後の管理を解説している。パブコメ募集は6月30日までで、同学会事務局が電子メールで受け付けている。非静脈瘤性上部消化管出血の主な原因は出血性十二指腸潰瘍とされる。近年はヘリコバクター・ピロリ菌に起因する症例が減少傾向にある一方で、アスピリンなど薬剤を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞