m3.com トップ > 臨床ニュース > 肥満細胞症が多様な病態を呈する訳【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

肥満細胞症が多様な病態を呈する訳【研修最前線】
順天堂大学医学部総合診療科 2015年研修医セミナー第3週「NEJMケースレポート」-Vol.3.4

2015年7月21日 研修最前線  カテゴリ: アレルギー疾患皮膚疾患救急

ショック様症状を呈した、顔面紅潮と高血圧で入院中の37歳男性。確定診断は「無痛性の全身性の肥満細胞症」だった。ただ、症例に起こった急性冠症候群や補体低下などはどう説明されるのか。症例を提示した順天堂大学医学部総合診療科の高橋宏瑞氏が総括する。まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)「NEJMケースレポート」Vol.3.1顔面紅潮と高血圧患者のショック様症状Vol.3.2ショック様症状に潜む疾患は?Vol.3.3カルチノイドが除外された理由Vol.3.4肥満細胞症が多様な病態を呈する訳肥満細胞症の診...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞