m3.com トップ > 臨床ニュース > リネゾリド後発品に適正使用依頼

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

リネゾリド後発品に適正使用依頼 感染症学会など、頻用や乱用を懸念

日本感染症学会など3学会は7月27日、2015年6月に発売されたバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)感染症治療薬の後発品「リネゾリド注射液(商品名リネゾリド点滴静注液600mg「明治」)について、適正使用を呼びかけるリーフレットを公表した。薬剤耐性菌の出現と蔓延の抑制には抗菌薬の適正使用が不可欠だが、後発品の使用開始は頻用の一因になる恐れがあるとして、臨床現場への周知を促している。リーフレットは、同学会、日本化学療法学会、日本臨床微生物学会の3学会と先発品、後発品の販売会社で構成する「リネゾリド適...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞