m3.com トップ > 臨床ニュース > CSF製剤使用のガイドライン改訂【米国臨床腫瘍学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

CSF製剤使用のガイドライン改訂【米国臨床腫瘍学会】 化学療法に伴う発熱性好中球減少症予防に新勧告

2015年7月31日 米国学会短信  カテゴリ: 感染症投薬に関わる問題

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は7月13日、白血球増殖因子、いわゆる造血性コロニー刺激因子(CSF)製剤使用に関する臨床ガイドラインを2006年から9年ぶりに改訂・公表した。同日付で「JournalofClinicalOncology」オンライン版に掲載すると同時に学会ホームページでも紹介している。改訂にあたり、ASCOの専門委員会は2005年10月-14年9月に発表された関連文献のシステマティックレビューを行った。改訂ガイドラインのおもな勧告は以下の通り。患者、疾病、治療関連リスク因子に基づき発...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞