m3.com トップ > 臨床ニュース > アレルギー接触皮膚炎でパンツ回収

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アレルギー接触皮膚炎でパンツ回収 製品評価技術基盤機構、該当症例の報告呼び掛け

製品評価技術基盤機構(NITE)は8月7日、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会など関連学会に対し、アレルギー性接触皮膚炎の恐れがあるとしてイトーヨーカドーが自主回収を進めている婦人用パンツによる被害症例を疑った場合は、報告などを行うよう呼び掛けた。2015年2月から発売していた3つの製品で、ごくまれに肌に異常が出ることが判明している。回収対象となっているズボンは、イトーヨーカドーのプライベートブランドgoodday(グッデイ)の「ボディークーラー綿サテンパンツ」3商品。2015年2月下旬‐6月2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞