m3.com トップ > 臨床ニュース > 不整脈再発性失神の運転診断書改訂

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

不整脈再発性失神の運転診断書改訂 9月1日から全国統一書式に、ICD誤作動後の運転制限も変更

日本不整脈心電学会、日本循環器学会、日本胸部外科学会の3学会による合同検討委員会はこのほど、不整脈に起因する再発性失神患者の自動車運転に関する診断書が全国統一の書式に改訂されると通知した。これに併せて、植え込み型除細動器(ICD)誤作動時の運転制限についての3学会合同検討委員会ステートメントを一部変更。意識障害や意識消失を伴わない場合は特に運転制限を行う必要はないことを公表した。いずれも2015年9月1日から適用を開始する。再発性の失神を有する患者の自動車運転に関しては、これまで都道府県によって...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞