m3.com トップ > 臨床ニュース > アレルギー児向け災害食の備蓄を提案

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アレルギー児向け災害食の備蓄を提案 日本小児アレルギー学会、ミルクアレルギー児にニューMA-1など

日本小児アレルギー学会はこのほど、ミルクや小麦にアレルギーのある小児向けの災害用食品の備蓄に関する提案をまとめ、全国の自治体に向け発送した。ミルクに関しては通常の備蓄用ミルクの3%相当分、小麦に関しては小児の2%相当分をアレルギー用食品にして備蓄することが妥当との目安を示している。同会災害対応ワーキンググループが2015年4月にまとめた「大規模災害対策におけるアレルギー用食品の備蓄に関する提案」を、自治体の災害対策担当者向けに改めて文書として送った。4年前の東日本大震災では、ミルクアレルギーの乳...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞