m3.com トップ > 臨床ニュース > 「肥満でTG上昇」の機序に脳神経介在

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「肥満でTG上昇」の機序に脳神経介在 栄養過多の情報を受けて分解抑制の指示を発令

肥満するにつれて中性脂肪(TG)が上昇する機序には、脳が制御する自律神経系が重要な役割を果たしていることが、東北大学病院糖尿病代謝科教授の片桐秀樹氏、助教の宇野健司氏らの研究結果から明らかになった。「NatureCommunications」誌に2015年8月13日掲載された結果で、脳が制御する自律神経系が全身の脂肪代謝の調節を担っていることが分かったという。肥満の状態では、血中TGが上昇するのと同時に、肝臓でのアミノ酸量が増加することが知られている。そこで同氏らは今回、肥満させずに肝臓へのアミ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞