m3.com トップ > 臨床ニュース > “心因”の表現、HPVワクチンでは利用中止を

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

“心因”の表現、HPVワクチンでは利用中止を 日医など、患者の診療の手引き公開

2015年8月20日 日本医師会  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患

積極的勧奨が中止となっているHPVワクチンを巡り、日本医師会と日本医学会は、「HPVワクチン接種後に生じた症状に対する診療の手引き」をまとめ、ホームページ上で公開し、8月19日に会見した(手引きは、日医のホームページに掲載)。詐病的な印象などを与えることへの懸念から、「心因」という言葉を遣わないように求めているほか、因果関係が不明な中で、「病名を付けることに固執しなくて良い」との認識を示している。問診や検査、治療についても言及していて、医療関係者や市民が参考にすることへの期待を示した。HPVワク...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞