m3.com トップ > 臨床ニュース > 衣類の裾踏み転倒事故に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

衣類の裾踏み転倒事故に注意喚起 国民生活センターが「見守り新鮮情報」

国民生活センターはこのほど、衣類の裾を踏んで転倒する事故が発生しているとして「見守り新鮮情報」を発した。階段を上がる際にスカートの裾を踏んだり、駈け出した途端にズボンの裾を踏んだりして怪我をした事例を紹介し、特に高齢者は転倒で骨折しやすく、寝たきりになる恐れもあるとして注意を呼び掛けている。国民生活センターへの報告事例では、くるぶし丈のスカートをはいて階段を上っていた70歳代女性が、裾を踏んで前に転び手をついた。別の事例では、70歳代男性が夜中にトイレへ行こうとしてパジャマの裾を踏み、よろめいた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞