m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児MSでは運動が疾患活動性を抑制【米国神経学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

小児MSでは運動が疾患活動性を抑制【米国神経学会】 T2領域小さく再発も少ない

米国神経学会(AAN)は8月12日、定期的に運動をしている多発性硬化症(MS)小児患者では疾患活動性が低いことを示唆する研究結果をホームページで紹介した。「Neurology」オンライン版に掲載された研究結果。研究では、MS小児患者31例と単独の炎症性神経イベント経験のある児79例を対象にアンケートを行い、疲労感、気分の落ち込み、および運動頻度について尋ねた。対象のうち60例では脳MRI画像を撮影し、脳容積とMS病変の量およびタイプを評価して、関連を分析した。その結果、非MS児では何らかの激しい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞