m3.com トップ > 臨床ニュース > デュピュイトラン拘縮薬に適正使用依頼

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

デュピュイトラン拘縮薬に適正使用依頼 日本形成外科学会、ザイヤフレックス注射用の承認受け

日本形成外科学会は8月27日、デュピュイトラン拘縮治療薬「注射用コラゲナーゼ(クロストリジウムヒストリチクム)」(商品名:ザイヤフレックス注射用)の製造販売元が、適正使用の依頼文を発出したと通知した。同薬が2015年7月に製造販売承認されたことを受けた安全性確保のための措置で、医師要件などを満たした上で、適切に使用するよう求めている。ザイヤフレックス注射用は、2015年7月3日にデュピュイトラン拘縮を効能、効果として製造販売承認された。承認条件は、同薬についての講習を受けて安全性や有効性を十分に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞