m3.com トップ > 臨床ニュース > 「不必要な皮膚処置」勧告リスト公表【米国皮膚科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

「不必要な皮膚処置」勧告リスト公表【米国皮膚科学会】 米国皮膚科学会が2回目のリスト作成

2015年9月1日 米国学会短信  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患皮膚疾患

米国皮膚科学会(AAD)は8月20日、皮膚科領域で常に必要とは限らない検査と治療に関する新勧告を発表した。今回が2回目の「必要ない治療」リストの作成は、ABIM財団によるキャンペーン「ChoosingWisely(賢い選択)」の一環で、同学会の2015年学術集会にあたって発表されたもの。今回のリストを含めると、不適切と特定された検査や処置400種以上にのぼる。2015年に新たに含まれた勧告の主な内容は以下の通り。皮膚炎に対するステロイドの長期全身投与(経口投与または注射)は、利益よりも合併症のリ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞