m3.com トップ > 臨床ニュース > 女性障害者支援で精神神経学会が要望

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

女性障害者支援で精神神経学会が要望 制度の充実と法的整備求める

日本精神神経学会は9月2日、女性障害者の支援に関する要望書を塩崎恭久厚生労働大臣宛てに提出したと発表した。女性の障害者は妊娠や出産、介護など特有の負担で経済的、社会的自立がより困難であり、精神障害者ではそれらの負担によって疾病の増悪が見られ、虐待などの事案が認められるものの、現行法では障害のある女性に特化した施策や支援がないと指摘。女性に対し格段の支援制度と法的整備が必要としている。要望書が提出されたのは2015年8月26日付。女性特有の負担によって特に女性の精神障害者では自殺や自傷、虐待が発生...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞