m3.com トップ > 臨床ニュース > 髄膜炎に複数梗塞、行うべき検査は【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

髄膜炎に複数梗塞、行うべき検査は【研修最前線】
日本救急医学会「第4回臨床研修医・医学生のための救急セミナー」講演2「救急医 ドクターE ER」-Vol.1.2

2015年9月24日 研修最前線  カテゴリ: 神経内科疾患感染症救急

意識障害で救急搬送された患者で髄膜炎が確定した。ただ、腎臓や脳、脾臓など複数箇所に梗塞を認め、ただの髄膜炎ではなさそうだ。この症例をどう診察し、診断に結び付けたのか。名古屋掖済会察病院救急科の渡辺紀博氏がひも解く。まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)「救急医ドクターEER」Vol.1髄膜炎疑い、採血後に優先すべき対応はVol.2髄膜炎に複数梗塞、行うべき検査は髄膜炎に多発する梗塞、原因は渡辺髄膜炎は間違いなさそうなので、神経内科にコンサルトをします。それから、これほどの重症髄膜炎ですから、髄膜...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞