m3.com トップ > 臨床ニュース > サイトテック禁忌報告受け注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

サイトテック禁忌報告受け注意喚起 科研製薬など、妊産婦への適用外使用受け依頼発出

抗NSAID潰瘍剤「ミソプロストール錠」(商品名:サイトテック錠100、同200)の適応外使用による副作用が報告されているとして、発売元の科研製薬と製造販売元のファイザーはこのほど、医療従事者に対して同薬の適正使用を求める依頼文を発出した。分娩誘発や分娩後の子宮収縮などに使用したケースが確認されており、両社では添付文書の「禁忌」や「効能・効果」などを正しく理解した上で使用するよう求めている。サイトテック錠の効能・効果はNSAIDの長期投与時に見られる胃潰瘍と十二指腸潰瘍だが、プロスタグランジン誘...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞