m3.com トップ > 臨床ニュース > 外科領域の基礎的輸液供給不安で要望

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

外科領域の基礎的輸液供給不安で要望 日本外科学会、厚労省に安定化対策求める

日本外科学会はこのほど、外科領域における基礎的輸液の必要性について見解をまとめ、厚生労働省に提出した。生理食塩液(生食)やリンゲル液は外科領域で頻用されている一方、製造販売する企業は不採算に陥っているため事業継続が厳しい状況が続いているという。同学会はこうした実情を説明し、基礎的輸液の安定供給が確保されるよう訴えている。生理食塩液や5%ブドウ糖注射液、乳酸(酢酸)リンゲル液などの輸液は、体液管理の基礎的な役割を担っている。日本外科学会の見解によると、生食とリンゲル液は頻用される500mLサイズの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞