m3.com トップ > 臨床ニュース > 「高Ca血症を外来管理」で背景を察する【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「高Ca血症を外来管理」で背景を察する【研修最前線】
順天堂大学医学部総合診療科 2015年研修医セミナー第11週「NEJMケースレポート」-Vol.11.1

2015年10月22日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患血液疾患

約10日前からの腹痛、疲労感、嘔気などで受診した38歳男性。高カルシウム血症と診断されたにも関わらず数日で退院となった事実が示す患者背景はどのようなものか。順天堂大学医学部総合診療科助手の種井実佳氏が提示した症例の鑑別に、国際経験豊富な医局員が拡がりを加える。まとめ:軸丸靖子(m3.com編集部)「NEJMケースレポート」Vol.11.1「高Ca血症を外来管理」で背景を察する症例を提示した順天堂大学医学部総合診療科の種井実佳氏症例Vol.11鑑別は?患者38歳男性主訴腹痛、意識変容、高カルシウム...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞