m3.com トップ > 臨床ニュース > フルワクチン“化血研”、出荷自粛を解除

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

フルワクチン“化血研”、出荷自粛を解除 「11月中にも供給不足」を回避

2015年10月22日 厚生労働省  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患一般外科疾患

製造方法の問題で2015年9月から出荷が見合わされていた化学及血清療法研究所(化血研)のインフルエンザHAワクチン“化血研”について、厚生労働省は10月21日、出荷自粛要請を解除した。自粛が続けばワクチン供給量が著しく不足するとの予測などを受けた措置。同日開かれた厚生科学審議会感染症部会で出荷を認めるべきとの意見がまとまったことから、即時解除となった。化血研の製剤を巡っては、今年6月に血液製剤で薬事承認された製造方法と異なる製造実態が確認され、出荷停止処分が下っている。次いで9月末、既に国家検定...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞