m3.com トップ > 臨床ニュース > 心発作後の再発予防率に性差【米国心臓協会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

心発作後の再発予防率に性差【米国心臓協会】 若年女性で発作後投薬65%のみ

2015年10月27日 米国学会短信  カテゴリ: 循環器疾患投薬に関わる問題

米国心臓協会(AHA)は10月13日、55歳未満の女性は心臓発作後に再発を防ぐための適切な薬剤を服用していない傾向があるという研究結果を報告した。同学会ジャーナル、Circulation:CardiovascularQualityandOutcomes誌に掲載。心臓発作の生存者は男女ともに、再発防止のためにACE阻害薬、β遮断薬、スタチンを服用することが推奨されている。しかし、2007-2009年にカナダのブリティッシュ・コロンビア州で心臓発作後1年以上生存した患者1万2000人超を調査した本研...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞