m3.com トップ > 臨床ニュース > 尋常性疣贅、家庭対処のヒント公表【米国皮膚科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

尋常性疣贅、家庭対処のヒント公表【米国皮膚科学会】 AADが疣贅広がり予防と家庭でできる治療を紹介

2015年10月27日 米国学会短信  カテゴリ: 小児科疾患皮膚疾患感染症

米国皮膚科学会(AAD)は10月9日、家庭でできる尋常性疣贅の治療と予防に関するヒントを紹介した。AADは動画「家庭でのいぼ治療(HomeTreatmentforWarts)」を同学会ホームページならびにYouTubeで公開している。尋常性疣贅はウイルスによって発症するため、体の一部分から別の部位へ、またヒト-ヒト感染する可能性がある。小児や青少年、爪をかむくせのある人、免疫力が低下した人は尋常性疣贅を発症しやすいが、ウイルスに対する免疫反応性には個人差があるため、ウイルスに接触した全員が発症す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞