m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗真菌薬アスタットとルリコン自主回収(2015/11/2訂正)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗真菌薬アスタットとルリコン自主回収(2015/11/2訂正) 原薬製造業者でGMP管理上の不備

2015年11月2日 m3.com編集部  カテゴリ: 皮膚疾患感染症投薬に関わる問題

足白癬などの治療に使われる表在性抗真菌剤の「ラノコナゾール」(商品名:アスタット)と「ルリコナゾール」(同ルリコン)について、製造販売会社のマルホとポーラファルマは10月27日、同製品を自主回収すると発表した。原薬製造業者に対する医薬品医療機器総合機構(PMDA)の調査で製造・品質(GMP)管理上の不備が指摘されたためで、マルホは使用期限内の全ロットを、ポーラファルマは当該業者の原薬を使った使用期限内のロットを回収する。両社はともに、使用によって健康被害が生じる可能性はないとしている。回収対象製...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞