m3.com トップ > 臨床ニュース > 4混ワクチンが11月中に欠品の恐れ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

4混ワクチンが11月中に欠品の恐れ 化血研「クアトロバック皮下注シリンジ」の出荷自粛で

2015年11月2日 m3.com編集部  カテゴリ: 小児科疾患感染症投薬に関わる問題

化学及血清療法研究所はこのほど、乳幼児の予防接種に用いる4種混合ワクチン「沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ(セービン株)混合ワクチン」(商品名:クアトロバック皮下注シリンジ)に欠品の恐れがあると発表した。同ワクチンを巡っては、厚生労働省の要請で出荷を自粛していた。同社などは供給再開までは代替製品で対応するよう求めているが、限りがあるため特約店への確認を呼び掛けている。化血研が製造販売するインフルエンザなどのワクチン製剤に対しては、厚労省が2015年9月に承認書の内容と製造実態が異なる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞