m3.com トップ > 臨床ニュース > バクトロバン異物混入の製造番号訂正

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

バクトロバン異物混入の製造番号訂正 GSK、正しい番号で注意呼びかけ

グラクソ・スミスクライン(GSK)はこのほど、出荷再開の案内を出していた鼻腔内MRSA除菌薬「ムピロシンカルシウム水和物」(商品名:バクトロバン鼻腔用軟膏2%)で、出荷停止の原因としていた異物混入の対象ロット番号が別のものであったとして、訂正情報を発出した。正しくは「C683306」「C698985」であり、同社では注意を呼び掛けている。同薬の原薬を巡っては、製造する英国の工場が米食品医薬品局(FDA)から適正製造規範(GMP)上の懸念を指摘されたため、2015年7月から出荷停止となっていた(『...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞