m3.com トップ > 臨床ニュース > ニトログリセリン舌下錠が販売中止へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ニトログリセリン舌下錠が販売中止へ 日本化薬の「NK」、2017年1月にも

日本化薬はこのほど、狭心症治療薬「ニトログリセリン錠」(商品名:ニトログリセリン舌下錠0.3mg「NK」)の販売中止を発表した。2017年1月頃を予定しており、同社ではより安定性を向上させた後発品のニトロペン舌下錠0.3mgを代替薬として提示し、医療従事者らに対応を呼び掛けている。ニトログリセリン舌下錠0.3mg「NK」は、1953年2月に販売を開始した。1988年には後発品のニトロペンが登場し、以後は同薬が狭心症治療の現場で広く普及した。同社では、ニトロペンの普及状況などから、「NK」の販売中...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞