m3.com トップ > 臨床ニュース > マンモ+超音波で発見率と精検率が上昇

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

マンモ+超音波で発見率と精検率が上昇 世界初、超音波乳癌検診「J-START」の結果を公表

2015年11月6日 東北大学  カテゴリ: 産婦人科疾患検査に関わる問題

東北大学大学院医学系研究科教授の大内憲明氏らは11月5日、乳癌検診における超音波検査の有効性を検証した大規模ランダム化比較試験(J-START)の結果を発表。日本人の40歳代女性では、マンモグラフィに超音波を加えることでステージ0からIの早期乳癌発見率が約1.5倍に高まったと報告した。結果は同日、「Lancet」誌にオンライン公開された。J-STARTには23都道府県から検診センターなど42団体が参加。2007年7月から2011年3月にかけ、過去5年間に癌を発症した履歴がなく、期待余命が5年以上...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞