m3.com トップ > 臨床ニュース > 肛門診察に「いきなり」はNG 【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肛門診察に「いきなり」はNG 【実名臨床道場】 テーマ1◇愛護的な問診、処置の重要性

2015年11月11日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患一般外科疾患

痔などの肛門疾患は、他の臓器に比べ患者が強い羞恥心を抱きやすく痛みを感じやすいことから、診察を優しく丁寧に行う必要がある。「きちんと診られていない症例が少なくない」。そう指摘する東京山手メディカルセンター大腸肛門病センター長の佐原力三郎氏に、肛門疾患の初期診察における留意点を聞いた。(聞き手・まとめ:森圭吾、m3.com編集部)11月18日よりm3.comJ-Doctors「実名臨床道場/肛門編」がスタートします。佐原氏へのご質問やご意見はこちらから⇒「痔の漫然診察に潜む危険」/「肛門疾患でちょ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞