m3.com トップ > 臨床ニュース > 肛門専門医も手を焼く疾患 【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肛門専門医も手を焼く疾患 【実名臨床道場】 テーマ3◇最適な治療法の模索

2015年11月16日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患一般外科疾患

日常診療で遭遇することの多い肛門疾患だが、痔核・痔瘻・裂肛の診療ガイドラインが2014年秋に国内で初めて刊行されるなど、過去から積み重ねられてきた個々の臨床経験を基に診察に当たるケースが大半の領域と言える。肛門疾患の治療、研究に長年携わってきた東京山手メディカルセンター大腸肛門病センター長の佐原力三郎氏は、「まだまだ研鑽や工夫が必要」と話す。(聞き手・まとめ:森圭吾、m3.com編集部)11月18日よりm3.comJ-Doctors「実名臨床道場/肛門編」がスタートします。佐原氏へのご質問やご意...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞