m3.com トップ > 臨床ニュース > 肩関節脱臼、しゃがむだけ自己整復法【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

肩関節脱臼、しゃがむだけ自己整復法【研修最前線】
日本救急医学会「第43回 日本救急医学会・学術集会(2015)」
講演2「会長特別企画『私の治療法・診断法』2 「反復性肩関節前方脱臼に対する新しい自己整復法の試み」-Vol.1.1

2015年11月16日 研修最前線  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患救急

肩の脱臼・亜脱臼を繰り返す反復性肩関節前方脱臼。繰り返すことで、電車で吊革を掴む、着替え中など、軽微な運動でも起こることがある。第43回日本救急医学会総会・学術集会で学会長特別企画として発案された講演「私の治療法・診断法」シリーズ第2弾では、川崎市立川崎病院救命救急センターの郷内志朗氏が反復性肩関節前方脱臼に対する新しい自己整復法の試みを発表。実症例を基に、3分で実現した新たな整復法を紹介した。まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)「会長特別企画『私の治療法・診断法』2「反復性肩関節前方脱臼に対...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞