m3.com トップ > 臨床ニュース > 発熱児、どう重症患者を否定する?【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

発熱児、どう重症患者を否定する?【研修最前線】
日本救急医学会「第43回 日本救急医学会・学術集会(2015)」
講演4「特別セッション『PECEPコースに関するワークショップ』 発熱」-Vol.1.1

2015年11月26日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患救急

大勢の発熱救急患児の中に紛れ込む重症患者。救急現場でどのように、重症例をピックアップすべきか。第43回日本救急医学会総会・学術集会の特別セッション『PECEPコースに関するワークショップ』では、都立小児総合医療センター救命救急科の井上信明氏が登壇。PECEPコースの発熱セッションの内容とともに、救急現場で求められる発熱児へのアプローチ法を紹介した。まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)※『PECEPコース』は成人型の救急科専門医が小児救急患者を診療するうえで、最低限必要とする研修コースとして開発...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞