m3.com トップ > 臨床ニュース > 下痢の患児が血糖400! 対応は【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

下痢の患児が血糖400! 対応は【研修最前線】
日本救急医学会「第43回 日本救急医学会・学術集会(2015)」
講演5「特別セッション『PECEPコースに関するワークショップ』 下痢・脱水~救急医の minimum requirement」-Vol.1.1

2015年11月30日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患救急

救急外来に訪れた酷い下痢の患児。血糖を測定したら400mg/dLだった。救急医はどのような初療をすべきか。第43回日本救急医学会総会・学術集会では、救急科専門医が小児救急患者を診療するうえで最低限必要とする研修コース『PECEP』を開発した福井大学医学部附属病院総合診療部部長・教授林寛之氏が登壇。小児救急患者を救急医が診る上で必要な、脱水の評価や胃腸炎の鑑別、DKAの初期対応を含め、PECEPの脱水下痢セッションの内容を紹介した。まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)※『PECEPコース』は成人...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞