m3.com トップ > 臨床ニュース > 「なぜその検査か」考えさせる難しさ【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「なぜその検査か」考えさせる難しさ【研修最前線】
順天堂大学医学部総合診療科 2015年研修医セミナー
特別編「順天堂医学会学術集会 プライマリケア外来における興味ある症例」-Vol.3.2

これだけ医学が発展した現代においても、不明熱の原因の4分の1は不明のままだ。原因を突き止めるために必要な検査も、何でも行えば良いわけではない。第337回順天堂医学会学術集会「プライマリケア外来における興味ある症例」の最終シリーズ「発熱患者をみたら」では、順天堂大学総合診療科主任教授の内藤俊夫氏が「不明熱」に迫るための心構えを説く。まとめ:軸丸靖子(m3.com編集部)「プライマリケア外来における興味ある症例」Vol.3.1高熱と死亡リスクの危険な誤解Vol.3.2「なぜその検査か」考えさせる難し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞