m3.com トップ > 臨床ニュース > C肝薬ヴィキラックスに重大副作用

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

C肝薬ヴィキラックスに重大副作用 厚生労働省が添付文書の改訂指示

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は11月26日、厚生労働省がC型肝炎治療薬「オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル」(商品名:ヴィキラックス配合錠)の使用上の注意で、重大な副作用の項に肝不全の追記などを求める改訂指示を出したと発表した。同日薬価収載されたばかりだが、海外症例が集積し、国内承認後に米国の添付文書が改訂されたことから、日本でも改訂が適切と判断した。ヴィキラックスは、セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎かC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善を効能・効果...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞