m3.com トップ > 臨床ニュース > スポーツ脳震盪に学会が再警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

スポーツ脳震盪に学会が再警鐘 「軽度の脳震盪を見逃さないで」

日本脳神経外科学会と日本脳神経外傷学会は11月30日、スポーツによる脳震盪に注意喚起を促す声明文を公表した。2年前に出した「スポーツによる脳損傷を予防するための提言」を分かりやすくした内容で、「軽度の脳震盪を見逃さない」「診断されたら直ちに競技を停止し、徐々に復帰する」ことなどを再度強調している。同日開かれた日本脳神経外科学会メディアフォーラムで解説した湘南医療大学保健医療学部脳神経外科教授の片山容一氏(日本脳神経外傷学会理事長)によると、2013年に提言を公表した際はこの問題が新聞・テレビなど...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞