m3.com トップ > 臨床ニュース > 精神疾患妊婦のハイリスク加算を要望

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

精神疾患妊婦のハイリスク加算を要望 日本産婦人科医会など、厚労省に対象疾患への追加求める

日本産婦人科医会は11月30日、精神疾患合併妊婦を「ハイリスク妊娠管理加算」の対象疾患に追加するよう厚生労働省に要望したと発表した。精神疾患を合併した妊婦のリスクは、本人だけでなく胎児・新生児にも伴うため、専門的管理が必須であると説明している。要望書は、日本産科婦人科学会と共に厚労省の保険局長と同局医療課長宛てに提出した。要望書では、身体的合併症を抱える妊婦がハイリスク妊娠管理加算の対象となったことは、患者本人に加え担当医にとっても有意義な配慮になっていると評価。しかし、身体的異常はないものの精...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞