m3.com トップ > 臨床ニュース > 通院精神療法の減算案に学会反論

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

通院精神療法の減算案に学会反論 日本精神神経学会、中医協提案に「誤認」と指摘

日本精神神経学会はこのほど、抗精神病薬の1日処方用量が高用量と見なされる外来患者に通常より長い診察を行わない場合の通院精神療法を減算か評価しないとする中央社会保険医療協議会総会(中医協)事務局の提案に対し、「容認できない」との見解を出したと発表した。中医協では不十分な指導で大量処方を行った場合の精神療法の評価を見直すとしているが、同学会は「根拠としている研究成果に複数の誤認がある」と反論している。日本精神神経学会の見解によると、2015年10月に開催された中医協で「十分な指導によらず大量処方を行...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞