m3.com トップ > 臨床ニュース > C型肝炎治療指針の第4.1版を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

C型肝炎治療指針の第4.1版を公開 日本肝臓学会、ゲノタイプ1型の推奨・フローチャートを変更

2015年12月25日 日本肝臓学会  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患感染症

日本肝臓学会はこのほど、C型肝炎治療ガイドラインの改訂第4.1版をまとめ、学会ホームページで公開した。オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル併用療法臨床試験の結果を追加したことに伴って、ゲノタイプ1型症例に対しての推奨・治療フローチャートを変更するなど主に5カ所を変更している。今回は、2015年11月に発売されたC肝治療薬「オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤」(商品名:ヴィキラックス)に関する記載の追加や変更が主なものとなった。直接作用型抗ウイルス剤(DAAs)につ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞