m3.com トップ > 臨床ニュース > 胃内視鏡検診マニュアル案を公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胃内視鏡検診マニュアル案を公表 日本消化器がん検診学会がパブコメ募集

日本消化器がん検診学会は、「対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル」の原案を公表し、パブリックコメントを募集している。2016年度以降に対策型検診でも胃内視鏡が実施可能になったことを受けて取りまとめたもので、精度管理や検査手順、安全管理など一定基準の標準化を目指している。意見募集の締め切りは2016年1月11日までで、同学会が電子メールかファクスで受け付けている。厚生労働省が2015年9月に公表した「がん検診のあり方検討会中間報告」によって、2016年度以降に対策型検診でも内視鏡を実施可能とす...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞