m3.com トップ > 臨床ニュース > B肝ワクチン不足懸念で学会依頼

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

B肝ワクチン不足懸念で学会依頼 日本小児科学会、優先接種に理解求める

2015年12月28日 日本小児科学会  カテゴリ: 消化器疾患小児科疾患感染症

日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会はこのほど、B型肝炎ワクチンが供給不足に陥る恐れがあるとして、母子感染予防など優先接種の対策として必要最低限のワクチン確保を求める依頼文を医療従事者向けに発した。化学及血清療法研究所(化血研)の出荷自粛が直撃した形で、B型肝炎ワクチンの非接種児や1、2回接種児への使用は安定供給のめどが立つまで見送るよう求めている。B型肝炎ワクチンの供給を巡っては、化血研が国の承認と異なる手法で製品を製造していたため、国内シェアの大部分を占める同ワクチンの出荷を自粛しており...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞