m3.com トップ > 臨床ニュース > 10年後に減る感染症はこれだ!

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

10年後に減る感染症はこれだ! どうなる?10年後、20年後【感染症】【老年病】(サブスペシャルティ領域編1)

近い将来、臨床現場に起こるであろう変化を領域別に予測してもらうm3.comの新年アンケート「主要医学会トップに聞く!『どうなる?10年後、20年後の医療』」。各領域からの回答を順に紹介していく(回答は各学会の公式見解ではなく、回答者個人の見解となります。ただし、匿名希望もあることから、ご回答いただいた先生の氏名は記載しません)。細菌培養は20年後も診療の要!――日本感染症学会(1)10年後に大きな発展が見込まれる診断や治療の技術、方法は?【感染症の迅速診断に関して】イムノクロマト法などを用いた感...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞